青い色の旋律

プロフィール

はやた

Author:はやた
 
水樹奈々さんが大好きです。
山崎はるかさんが大好きです。
ついったーとか@hayate0910

 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011. 12. 27

「戦姫絶唱シンフォギア」第1話プレミア上映会

12/26(月) TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第1話プレミア上映会
水樹奈々、悠木碧、井口裕香、鷲崎健 / 新宿ミラノ1


シンフォギア上映会行ってきました。席は2列目中央でした。今年最後の水樹さんのイベント参加でこの近さ。本当にありがとうございました。
到着が開演ぎりぎりで危なかったですがなんとか間に合ってよかった…

感想レポを簡単に書いていきたいと思います。


司会は鷲崎健さんでした。開演して鷲崎さんのトーク。
応募数は5,000だそうで。5倍ですか。昨日一昨日はどうだったか知らないけど本当に勝ち組ですよね。平日の上映会でこの応募数、かなり期待されている感じです。
設定を見ただけでどんな話かわかりますか?僕はわかりません!みたいなこと言っててわろたw


そしてすぐに上映会。
ざっくりした感想は、新しい世界観でありつつも、いい意味で古臭い感じもあったのがおもしろかったです。
歌や戦闘シーンなど、やっぱり映画館でスクリーン近くで見ると迫力があっていいものでした。が、これを2話以降家で見るとどうなんでしょうね。まあこれはどのアニメでも言えますが。その辺も含め続きが楽しみです。
水樹さんの「Synchrogazer」1話では話の最後に、画面真っ黒でスタッフロールだけの中で流れてましたがあれが完成系?


上映会が終わり再び鷲崎さん登場。
そしてキャストが悠木碧さん、水樹奈々さん、井口裕香さんの順に登場。

水樹さんの服装は、ピンクと黒のチェックの肩が出たドレス、腰に緑のリボン、黒のパンストでした。あとの二人はわりと落ち着いた服装でしたが、これは若さなのか!大人の魅力なのか!



さておきトークコーナー。

1.「自分のキャラについて」
悠木さん→水樹さん→井口さん

悠木「最初にぶはって死にそうになった子」
言い方がもうぶっちゃけてる感じなのがおもしろかったw

水樹「奏ちゃんとツヴァイウイングというユニットを組んでる翼ちゃん」
1話目で奏が死んでしまう衝撃展開なので、今までのインタビューでは本当のことが言えなくて高山さんとどうしようってふわふわしたことしか言えてなかったけど、今日はやっと本当のことを言えた!ってことでした。

井口「響ちゃんとルームメイトで親友な未来ちゃん」
百合な感じがとてもいいです。なんか私じゃなくて未来ちゃんがって繰り返し言ってましたw



2.「印象深かったこと」
挙手制になって順番めちゃくちゃに。
井口さん→水樹さん→悠木さん

井口さん「ライブのシーンが」と言ったところでこれは水樹さんがってことでなかったことに。
「オーディションでは水樹さんと高山さんのライブシーンの曲をワンフレーズ歌うってのがあって」「まあ私は歌う役を落ちたんですけどね」「歌ったら笑われた」みたいな感じのトークがおもしろかったですw
「部屋のプレートを、碧ちゃんが未来ちゃんを、私が響ちゃんの名前をお互いに書きあって直筆になっています」
とのことでした。これまた百合っぷりが。こういうの、深く調べなければ、こういうところしかわからない話だろうと思うので、聞けてよかったです。

悠木さんより水樹さんのほうが早くて上腕二頭筋の差かって言われててわろたw
水樹さん「ライブのシーンが」「あの高山さんとユニットを組めて光栄」とのことでした。
水樹さん「学生時代よく聴いてました!」 高山さん「が、学生時代…?(怒」 水樹さん「あ、す、すみません!(汗」というやりとりがあったそうでおもしろかったです。TWO-MIXいいですよね。


そしてライブのシーンの話で盛り上がる。
ライブのシーンのがやは、キャスト陣が入れたそうで、コールは上松氏が指導したそうです。水樹さんがいきなり立ち上がって、ここはへい!へい!、ここはぱん・ぱぱんひゅーっていうのを指示していたと実践したのはかわいかったです。
というかいきなりぱん・ぱぱんひゅーってやり出してやっぱり被せてはいっての嫌いなんだろうなと。

ライブのシーンを見た感想としては、歌に被せる、サビでもずっとへいへい言い続ける。もちろん会場は上松氏の大好きなUO一色。青赤オレンジを買うシーンがあったのに何故かオレンジ一色。
ああこれが上松氏が水樹さんのライブから学んだことかっていうか自己満足な感じが残念ですね。というか彼の提案コールがダメなのはネクアルで証明済みでは。水樹さんから直接曲を学んだほうがいいんじゃない?適当にがや音入れるだけのほうがよかった。
と、ライブ系ヲタから言わせてもらうとこんな感じに。まあアニメはアニメだと思えばいい話だけど、アニメから入ってくる人が多いから区別できない人も多くなって困るわけで。おっと話しがそれて。


悠木さん「これから戦うことが多くなるので響の活躍に期待」
だそうです。「オーディションでは歌ったら悪役みたいに言われた」そうです。どんな感じなんだろう…?



3.「今後の見どころ」
悠木さん→井口さん→水樹さん

挙手で勝ち誇った感じがw
悠木さん「響が戦うということで私もたくさん歌いました」「アニメとCDの音は違っていてアニメではレコーディングしながら殴られるのを演じながら歌いました」
これ珍しい感じじゃないでしょうか。どんな感じなのか楽しみです。
鷲崎さんと「水樹さんはどうやって歌ってるんだろう」「歌で倒せるのは水樹さんだけだと思っていた」という話になって水樹さんの「そうですね、剣を持ってやっちゃってます」みたいな流れがおもしろかったですw

井口さん「キャストが豪華です」
まあ私は歌わないんですけどねっていうのを言っていて残念な感じにw

水樹さん「奏ちゃんがいなくなってどうなったか、また響ちゃんとの関係に注目」
また10代のような演技をと監督に言われてるそうですがその辺も大丈夫です!と自信満々に答えてましたw

また上松さんってどんな人っていう話題では、
悠木さん「最初は異次元っぽい人だと思ってました。髪の毛青くて、目が赤で」
水樹さん「最初お会いした時は、金髪に赤のメガネで」
で、「その当時は少年だったんだ」「上松少年」の流れはおもしろかったですw

井口さんのオーディションで歌を歌ってみてちょっと水樹さんみたいになれた発言からの即土下座もおもしろかったです。これがロウきゅーぶのバネか!とか言われてましたw

そんな感じでそろそろ時間に。何か言い足りないことをってことで、
悠木さん「始末書を書くシーンがあるんですが全部私の直筆です。2枚書いてます」
だんだん字が崩れるように書かないといけない感じになってるそうでがんばって書いたそうです。注目ですね。DVDの特典にしてくれとか言ってる人がいましたが実現は果たして…?



そんな感じで上映会イベント終了。奈々ちゃんこっちにたくさん手を振ってくれたよ!わーい(白目
トークコーナーが充実していて楽しいイベントでした。これからのアニメの展開も楽しみですね。

«  | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。